会社紹介

会社紹介

 株式会社サザンナイトラボラトリー(Southern Knights' Laboratory Co.,Ltd.:SKL)は尿排出障害、頻尿、尿失禁などの下部尿路機能障害や勃起不全などの性機能障害を解決するための啓発活動、製薬会社等からの基礎的実験の請負(non-GLP)、基礎及び臨床に関する共同研究や研究成果の販売や出版などを行うための組織です。サザンナイトラボラトリーは平成21年6月17日にサザンナイトラボラトリー有限責任事業組合(LLP)として法務局に登記されましたが、平成28年1月29日に株式会社となり、株式会社サザンナイトラボラトリーとして新しく発足致しました。

 SKLを設立しました私達4名はかつて琉球大学医学部泌尿器科に在籍していた仲間ですが、現在はそれぞれ異なった施設に定職を持っており、SKLを通して共同で研究を行っております。そのため、SKLとしての活動は主に夜間や休日になりますので、社名のなかのKnight(騎士)はnight(夜)にかけてあります。大学在籍中も平日の日中は臨床業務を行い、実験は主に夜間と休日に行っていましたから、基本的には大学在籍中と変わりない状況です。私たちのうち3名は泌尿器科医で医学博士、もう1名は理学部卒の医学博士です。これまで主に排尿関係の基礎実験や臨床研究を行ってきましたので、下部尿路機能や性機能の分野の依頼実験、基礎および臨床研究には十分に対応できると考えております。

 SKLは琉球大学医学部生化学講座の山本秀幸教授と医学部附属動物実験施設の上田智之准教授のご高配により両施設との共同研究の形をとらせて頂いており、実験は主に琉球大学医学部附属動物実験施設内で行っております。また、臨床研究も私達各自の所属する病院や沖縄県内外の泌尿器科医および山本教授のご協力を得ながら遂行しておりますので、充分に実施可能です。

 貴社の薬剤・製品で何らかの基礎研究や臨床研究のご要望がございましたら、誠心誠意対応させて頂きますので、何なりとご相談頂きたく存じます。なお、SKLへのご連絡はEメールにてお願い致します。


SKLロゴマーク紹介

ダミー画像
 中世ヨーロッパでの戦闘において、騎兵が主役でありました。そのためには優れた技量と精神的、肉体的な鍛錬が必要であり、その資格を有する者には騎士(ナイト;Knight)という称号が与えられていました。独特の美学を有する戦士階級という意味では、日本の武士や侍が騎士に良く似た存在といえます。

 『ペンは剣より強し』という名言があります。これは『ペン』が象徴する文字や言葉による『思想、文学、言論』の力は、『剣』が象徴する『武力、暴力、権力』よりも大きな力を持つといった意味合いです。

 「武力には武力で対抗する」というのは浅はかです。叩かれた→叩き返した→死ぬまでそれを繰り返す。人間はそこまで知恵がない生き物ではありません。人間には『心』という知恵があります。その『人の心』は、ただ一人でつぶやくのではなく『ペン』の力を借りて表現することができます。一文字一文字は小さくて弱くても、現状を変えたいと感じる人々が『ペン』を使って訴えることで現状は変わっていくと我々は考えています。

 SKLのロゴマークは、騎士の象徴と言える剣と盾にペンを加えることで、『騎士の気高い美学を持ちつつ、研究成果を論文という形で世に問うていく』という決意を表しています。


株式会社サザンナイトラボラトリーの研究実績は、業績のページに詳しくまとめさせていただいております。