株式会社サザンナイトラボラトリー 2020年研究業績

2020年の研究業績

論文、総説、その他出版物

  • 照屋俊明、菅谷公男. シーサーレモンで排尿間隔が二倍に延びて頻尿が改善すると国立大学が動物実験で実証. 健康365、2020年5月号、116-117.
  • 菅谷公男. シーサーレモンで過活動膀胱や前立腺肥大に伴う夜間・日中の頻尿が改善し尿もれも一掃. 健康365、2020年5月号、118-123.
  • 菅谷公男. 夜間頻尿.睡眠時無呼吸症候群:機序と臨床. THE LUNG perspectives, 2020; 28(1):42-45.
  • 菅谷公男. シーサーレモンで過活動膀胱や前立腺肥大に伴う頻尿・尿もれが改善し日中の眠気も一掃. 健康365、2020年4月号、18-21.
  • Kadekawa K, Kawamorita N, Shimizu T, Kurobe M, Turnbull PS, Chandra S, Kambara T, Barton JC, Russell AJ, Yoshimura N. Effects of a selective androgen receptor modulator (SARM), GSK2849446A, on stress urinary incontinence and bladder activity in rats with ovariectomy-induced estrogen deficiency. BJU Int. 2020 Feb 3. doi: 10.1111/bju.15022. [Epub ahead of print]
  • 吉村直樹,橘田岳也,嘉手川豪心,宮里実,清水孝洋.  特集 Central Neuro-Uro-Pharmacology研究最前線「中枢神経系における排尿薬理機構の概説」. 日本薬理学雑誌, 2020; 155(1): 4-9.
  • 嘉手川 豪心, 菅谷 公男, 吉村 直樹.  特集 Central Neuro-Uro-Pharmacology研究最前線「脊髄損傷ラットにおけるアドレナリンα1A/D受容体遮断薬およびPDE-5阻害薬の膀胱リモデリングに及ぼす効果」. 日本薬理学雑誌, 2020; 155(1): 10-15.

学会発表、講演、その他

  • 川越淳平、嘉手川豪心、向山秀樹、菅谷公男. 大腿骨頚部骨折の女性患者の排尿自立に影響する因子の検討. 第132回日本泌尿器科学会沖縄地方会、1月、宜野湾、2020.
  • 久場川潤、仲西めぐみ、城間麻美、嘉手川豪心、大湾知子、西村かおる. 整形病棟患者の尿道カテーテル離脱困難患者のその後〜排尿自立指導を通した地域連携の取り組み〜. 第132回日本泌尿器科学会沖縄地方会、1月、宜野湾、2020.
  • 城間麻美、上間一樹、嵩西玲奈、真栄城舞、與儀清史、湧川朝也、仲西めぐみ、久場川潤、嘉手川豪心. 大腿骨近位部骨折術後の残尿と腸腰筋に注目した排泄リハビリテーション. 第132回日本泌尿器科学会沖縄地方会、1月、宜野湾、2020.
  • 仲西めぐみ、久場川潤、城間麻美、嘉手川豪心、大湾知子、西村かおる. 沖縄協同病院における排尿ケアチームの技術向上の取り組み. 第132回日本泌尿器科学会沖縄地方会、1月、宜野湾、2020.
  • 嘉手川 豪心、桃原 千賀子、比嘉 奈美、久場川 潤、仲西 めぐみ、城間 麻美、菅谷 公男. 親水カテによる一時的導尿を通した排尿ケアチームの連携強化. 第132回日本泌尿器科学会沖縄地方会、1月、宜野湾、2020.
  • 嘉手川豪心、川越淳平、向山秀樹、菅谷公男. 脳出血(視床出血、被殻出血)の部位と残尿の検討. 第132回日本泌尿器科学会沖縄地方会、1月、宜野湾、2020.