株式会社サザンナイトラボラトリー 2018年研究業績

2018年の研究業績

論文、総説、その他出版物

  • 小川由英、菅谷公男、八木 宏. 鼎談 漢方の臨床と薬理「第10回」 泌尿器科疾患における猪苓湯と牛車腎気丸. 漢方医薬学雑誌、2018; 26(1): 4-13.
  • 菅谷公男. 脳幹排尿中枢. CLINICAL NEUROSCIENCE, 2018; 36(1): 37-40.
  • 菅谷公男. 漢方スッキリ方程式、抗コリン薬が奏功しない頻尿患者. 日本医事新報、2018; 4890: 56.

学会発表、講演、その他

  • 嘉手川豪心、大村更紗、嘉陽真美、嘉藤小枝子、川上浩司、菅谷公男:腹腔鏡下仙骨腟固定術に併用した尿失禁防止術の効果.第106回日本泌尿器科学会総会、4月、京都、2018.
  • 野口克彦、菅谷公男、西島さおり、嘉手川豪心、安次富勝博、上田智之、山本秀幸:L-NAME長期投与による機能的閉塞膀胱モデルラットの作製とその特徴.第106回日本泌尿器科学会総会、4月、京都、2018.
  • 安次富勝博、菅谷公男、西島さおり、嘉手川豪心、野口克彦、上田智之、山本秀幸:脳梗塞モデルラットは夜間頻尿かつ多尿モデルとして使用できる.第106回日本泌尿器科学会総会、4月、京都、2018.
  • 西島さおり、菅谷公男、嘉手川豪心、野口克彦、安次富勝博、上田智之、山本秀幸:ラット大脳排尿関連領域である前頭葉内側部の入力機構と橋吻側部への出力機構の解析.第106回日本泌尿器科学会総会、4月、京都、2018.
  • 嘉手川豪心、桃原 千賀子、仲西 めぐみ、比嘉 奈美、名嘉 則枝、玉城 清香、平良 理奈、池宮城 麻美、石原 健太郎、菅谷 公男:理学療法士および作業療法士と連携した排尿自立指導の取り組み.第106回日本泌尿器科学会総会、4月、京都、2018.
  • 菅谷公男、西島さおり、嘉手川豪心、安次富勝博、野口克彦、上田智之、山本秀幸:呼気中水素濃度に及ぼす経口摂取物の影響と泌尿器疾患の関係.第106回日本泌尿器科学会総会、4月、京都、2018.
  • 嘉手川豪心:ウロギネ領域の排尿障害治療戦略.那覇市医師会 学術・生涯教育講演会、4月、那覇、2018.
  • 菅谷公男:夜間頻尿と排尿困難/排尿自立指導.北アルプス医療センターあづみ病院 排尿自立指導に伴う研修会、3月、長野県北安曇郡池田町、2018.
  • 菅谷公男:特別講演:夜間頻尿治療 どこまでやるか?第22回 Shinshu LUTS Meeting、3月、松本、2018.
  • 菅谷公男、西島さおり、嘉手川豪心、野口克彦、安次富勝博、上田智之、山本秀幸:排尿障害モデルおよび性機能評価モデルラットを用いた薬効評価.第26回琉球実験動物研究会、3月、西原町、2018.
  • 菅谷公男:ラットの膀胱吸収実験と骨盤内うっ滞現象.ブレインストーミング「膀胱の吸収現象」、3月、大阪、2018.
  • 菅谷公男、西島さおり 、嘉手川豪心 、安次富勝博 、野口克彦:講演:睡眠障害は夜間頻尿の原因か?結果か? 第14回夜間頻尿を考える会、2月、福岡、2018.
  • 嘉手川 豪心、大村更紗、 嘉陽真美、嘉藤小枝子、川上浩司 菅谷公男:骨盤臓器脱術後の腹圧性尿失禁に対するLSC単独もしくはLSC+TVT併用の比較. 第130回沖縄泌尿器科地方会、1月、宜野湾、2018.
  • 嘉手川 豪心、桃原 千賀子、仲西 めぐみ、比嘉 奈美、名嘉 則枝、玉城 清香、平良 理奈、池宮城 麻美、石原 維人、菅谷 公男:リハビリテーションと連携した排尿自立指導の取り組み. 第130回沖縄泌尿器科地方会、1月、宜野湾、2018.