株式会社サザンナイトラボラトリー 2013年研究業績

2013年の研究業績

論文、総説、その他出版物

学会発表、講演、その他

  • 菅谷公男:イブニングシンポジウム2「尿失禁"老若男女"」,女性尿失禁:腹圧性尿失禁. 第69回日本泌尿器科学会中部総会,11月,名古屋,2013.
  • 菅谷公男:特別講演:膀胱の機能進化とその破綻による過活動膀胱. 第7回中越泌尿器科研究会、10月、長岡、2013.
  • 菅谷公男:市民公開講座:より良い眠りを得るために〜睡眠時無呼吸と夜間頻尿のお話〜「悩み多き夜間頻尿−その原因と対策を伝授−」. NPO法人福岡高齢者排泄改善委員会平成25年度市民公開講座、10月、福岡、2013.
  • 菅谷公男:特別講演:腹圧性尿失禁に対する運動療法と薬物療法の可能性. 第24回神戸排尿障害懇話会、10月、神戸、2013.
  • 菅谷公男:公開講座:宮古島地域住民における健康まちづくり、知っておきたい排尿ケア「尿失禁と膀胱瘤の診断・治療・最新手術方法」. 9月,宮古島,2013.
  • Nishijima S, Sugaya K, Kadekawa K, Ashitomi K, Ueda T, Yamamoto H. Effect of chemical stimulation of the medial frontal lobe on the micturition reflex in rats. 6th Meeting of the Experimental Animal Research Association for Urinary Disorders, September, Shizuoka, 2013.
  • 西島さおり、菅谷公男、安次富勝弘、嘉手川豪心、上田智之、山本秀幸:脊損ラットの下部尿路機能に対するソリフェナシンとミラベグロンの効果.第20回日本排尿機能学会,9月,静岡,2013.
  • 西島さおり、菅谷公男、安次富勝弘、嘉手川豪心、上田智之、山本秀幸:トラニラスト誘発ラット間質性膀胱炎病態モデルにおけるナフトピジルの作用.第20回日本排尿機能学会,9月,静岡,2013.
  • 西島さおり、菅谷公男、安次富勝弘、嘉手川豪心、上田智之、山本秀幸:骨盤うっ血慢性前立腺炎モデルラットの下部尿路機能に対するカルバゾクロムスルホン酸ナトリウムの効果.第20回日本排尿機能学会,9月,静岡,2013.
  • 安次富勝弘、菅谷公男、西島さおり、嘉手川豪心、上田智之、山本秀幸:骨盤うっ血慢性前立腺炎モデルラットの下部尿路機能に対するミラベグロンの効果.第20回日本排尿機能学会,9月,静岡,2013.
  • 菅谷公男、西島さおり、安次富勝弘、嘉手川豪心、上江洲睦、百名将士、横矢文代、多和田真盛、平敷義隆、具志和子、新里尚子、運天芳浩:男性下部尿路症状と総腸骨静脈血流の関係.第20回日本排尿機能学会,9月,静岡,2013.
  • 菅谷公男:イブニングセミナー「創薬へ導く排尿生理研究の最前線」―排尿と蓄尿の中枢神経機構―.第20回日本排尿機能学会,9月,静岡,2013.
  • 大湾知子、島袋綾菜、宮里実、呉屋真人、大城吉則、斉藤誠一、嘉手川豪心、菅谷公男、山城豊:自己決定を支援する患者会活動のあり方の考察―看護師の立場から―.第20回日本排尿機能学会,9月,静岡,2013.
  • 菅谷公男:特別講演:腹圧性尿失禁に対する運動療法と薬物療法の可能性.第79回広島泌尿器科医会学術講演会,8月,広島,2013.
  • 菅谷公男:講演:夜間頻尿における高血圧の関与.那覇市医師会学術講演会,7月,南風原町,2013.
  • 菅谷公男:特別講演:腹圧性尿失禁に対する運動療法と薬物療法の可能性.第15回岐阜排尿障害研究会,6月,岐阜,2013.
  • 菅谷公男:特別講演:夜間頻尿の原因と治療.不眠症と夜間頻尿講演会,5月,宮津,2013.
  • 菅谷公男:講演:頻尿.日本コンチネンス協会沖縄県支部勉強会,4月,西原町,2013.
  • 向山秀樹、仲宗根啓、佐久本操、島袋浩一、島袋修一、又吉幸秀、翁長朝浩、嘉手川豪心、安次富勝博、西島さおり、菅谷公男:前立腺肥大症患者の症状と血中モノアミン濃度に及ぼすナフトピジルの効果.第101回日本泌尿器科学会総会,4月,札幌,2013.
  • 西島さおり、菅谷公男、嘉手川豪心、安次富勝博、上田智之、山本秀幸:トラニラスト誘発間質性膀胱炎モデルラットにおけるDMSO膀胱内注入の効果.第101回日本泌尿器科学会総会,4月,札幌,2013.
  • 大岡均至、山田哲夫、能登宏光、梅山知一、嘉手川豪心、安次富勝博、西島さおり、菅谷公男:難治性慢性前立腺炎に対する血管透過性亢進抑制剤カルバゾクロムスルホン酸ナトリウムの効果.第101回日本泌尿器科学会総会,4月,札幌,2013.
  • 関口由紀、佐藤智哉、城間和郎、名嘉栄勝、嘉手川豪心、安次富勝博、西島さおり、菅谷公男:腹圧性尿失禁に対するプロピベリン塩酸塩の効果.第101回日本泌尿器科学会総会,4月,札幌,2013.
  • 菅谷公男、西島さおり、嘉手川豪心、安次富勝博、上田智之、山本秀幸:頻尿を呈する骨盤うっ血慢性前立腺炎モデルラットの作製.第101回日本泌尿器科学会総会,4月,札幌,2013.
  • 西島さおり、菅谷公男、嘉手川豪心、安次富勝博、上田智之、山本秀幸:頻尿を呈する骨盤うっ血モデルラットの特徴.第101回日本泌尿器科学会総会,4月,札幌,2013.
  • 安次富勝博、向山秀樹、仲宗根啓、島袋浩一、島袋修一、又吉幸秀、外間実裕、當山裕一、嘉手川豪心、西島さおり、菅谷公男:排尿筋低活動患者に対するジスチグミン臭化物1日5mg投与の効果.第101回日本泌尿器科学会総会,4月,札幌,2013.
  • 菅谷公男:「おしっこが近い」に潜む危険 なんと心臓がピンチ!? ためしてガッテン,3月,NHK総合,2013.
  • 菅谷公男:特別講演:腹圧性尿失禁に対する運動療法と薬物療法の可能性.バップフォー発売20周年中四国地区記念講演会,2月,岡山,2013.
  • 菅谷公男:特別講演:腹圧性尿失禁に対する運動療法と薬物療法の可能性.第4回道頓堀フォーラム,2月,大阪,2013.
  • 菅谷公男:特別講演:腹圧性尿失禁に対する運動療法と薬物療法の可能性.第8回Chiba LUTS Conference,2月,千葉,2013.
  • 菅谷公男:基調講演:腹圧性尿失禁に対する薬物療法の可能性.腹圧性尿失禁Round Table Meeting in Okinawa,1月,南風原,2013.
  • 菅谷公男:特別講演:夜間頻尿の原因と治療.第132回北西会,1月,盛岡,2013.
  • 菅谷公男:夜間頻尿に対する不眠症治療薬の効果.不眠と夜間頻尿を考える会(第3回),1月,那覇,2013.