株式会社サザンナイトラボラトリー 2009年研究業績

2009年の研究業績

  2009年度の 論文・総説・その他出版物、 特別講演、 学会発表 へジャンプ

論文、総説、その他出版物

  • Kadekawa K, Miyazato M, Saito S, Morozumi M, Matsuzaki A, Yoshimi N, Sugaya K.: Renal cell carcinoma originating in a renal cyst in a 12-year-old girl. J Pediatr Surg. 44(12): e5-7. 2009 Dec.
  • Miyazato M, Yoshimura N, Nishijima S, Sugaya K: Roles of Glycinergic and Gamma-aminobutyric-ergic Mechanisms in the Micturition Reflex in Rats. Low Urin Tract Symptoms. 2009 Sep 1;1(s1):S70-S73.
  • Kadekawa K, Sugaya K, Nishijima S.: Acute painful neuropathy of the perineum and scrotum following rapid improvement of glycemic control in type 1 diabetes. Int J Urol. 16: 922, 2009.
  • Naka H, Nishijima S, Kadekawa K, Sugaya K, Saito S.: Influence of glutamatergic projections to the rostral pontine reticular formation on micturition in rats. Life Sci. 85: 732-736, 2009.
  • Kadekawa K, Nishijima S, Sugaya K, Miyazato M, Saito S.: Mechanisms by which the serotonergic system inhibits micturition in rats. Life Sci. 85: 592-526, 2009.
  • Sugaya K, Nishijima S, Kadekawa K, Miyazato M, Mukouyama H.: Relationship between lower urinary tract symptoms and urinary ATP in patients with benign prostatic hyperplasia or overactive bladder. Biomed Res. 30: 287-294, 2009.
  • Yachantha C, Hossain RZ, Yamakawa K, Sugaya K, Tosukhowong P, Ogawa Y, Saito S.: Effect of potassium depletion on urinary stone risk factors in Wistar rats. Urol Res. 37: 311-316, 2009.
  • Sugaya K, Nakada S, Simoji T, Odaguchi N, Nakamoto M, Nakazato S.: Relationship between blood pressure and nocturia in hypertensive patients. LUTS. 1: 16-19, 2009.
  • Sugaya K. and de Groat WC.: Excitation and inhibitory influence of pathways in the pelvic nerve on bladder activity in rats with bladder outlet obstruction. LUTS. 1: 51-55, 2009.
  • Miyazato M, Kaiho Y, Kamo I, Kitta T, Chancellor MB, Sugaya K, Arai Y, de Groat WC, Yoshimura N.: Role of Spinal Serotonergic Pathways in Sneeze-induced Urethral Continence Reflex in Rats. Am J Physiol Renal Physiol. 297: F1024-1031, 2009.
  • Miyazato M, Sugaya K, Nishijima S, Kadekawa K, Machida N, Oshiro Y, Saito S.: Changes of bladder activity and connexin 43-derived gap junctions after partial bladder-outlet obstruction in rats. Int Urol Nephrol. 2009 Jan 6. [Epub ahead of print].
  • Miyazato M, Sugaya K, Goins WF, Goss JR, Chancellor MB, de Groat WC, Gloriose JC, Yoshimura N.: Herpes simplex virus vector-mediated gene delivery of glutamic acid decarboxylase reduces detrusor overactivity in spinal cord injured rats. Gene Theraphy. 16: 660-668, 2009.
  • Nishijima S, Sugaya K, Kadekawa K, Naka H, Minoru Miyazato.: Comparison of the effect of anti-muscarinic agents on bladder activity, urinary ATP level, and autonomic nervous system in rats. Biomed Res. 30:107-312, 2009.
  • Kadekawa K, Hossain RZ, Nishijima S, Miyazato M, Hokama S, Oshiro Y, Sugaya K.: Migration of a metal clip into the urinary bladder: a case report. Urol Res. 37: 117-119, 2009.
  • Kadekawa K, Oshiro Y, Hossain RZ, Miyazato M, Sugaya K, Saito S.: Conservative management of spontaneous rupture of renal angiomyolipoma during pregnancy: A case report. Nishinihon J Urol. 71: 418-422, 2009.
  • Kadekawa K, Sugaya K, Saito S, Yonaha H.: Median raphe cyst of the scrotum and perineum: A case report. Nishinihon J Urol. 71: 297-299, 2009.
  • 宮里 実, 菅谷公男, 斉藤誠一, Goins WF, Goss JR, Chancellor MB, de Groat WC, Glorioso JC, 吉村直樹:総説/脊髄損傷ラットの排尿筋過活動に対するヘルペスウイルスGABA産生酵素遺伝子導入療法の治療的効果.日排尿会誌, 20: 352-358. 2009.
  • 嘉手川豪心,菅谷公男, 大城吉則, 宮里 実, 安次富勝博, 名嘉栄勝, 大城琢磨, 田崎新資, 西島さおり, 諸角誠人, 大湾知子:夜間頻尿に対する塩酸フラボキサート就寝前投与の効果.西日泌尿,71: 637-642, 2009.
  • 菅谷公男:特集/排尿障害の新しい概念とその薬物治療.3.生活習慣病と排尿障害.臨床薬理,40:207-211,2009.
  • 菅谷公男:前立腺肥大症にともなう蓄尿症状の治療戦略をみる.西沢 理 総監修.泌尿器科医のための「前立腺肥大症にともなう排尿障害Q&A」.先端医学社,東京,印刷中.
  • 菅谷公男:第1章 排尿機能・神経泌尿器:夜間頻尿の診断と治療.T.夜間頻尿の成因と診断.日本泌尿器科学会2009年卒後教育テキスト(第14巻2号),9-17,日本泌尿器科学会,東京,2009.
  • 菅谷公男:EBM泌尿器疾患の治療 2009-2010.夜間頻尿に対する薬物治療のストラテジーと有効性は? 後藤百万,小川 修,筧 善行,出口 隆,鈴木孝治 編,353-358、中外医学社,東京,2009.
  • 嘉手川豪心,西島さおり,宮里 実,菅谷公男:脊髄損傷患者に発生したフルニエ壊疽の1例.日脊障医誌,22:146-147,2009.
  • 宮里 実,海法康裕,賀茂 泉,吉村直樹,de Groat WC, Chancellor MB, 菅谷公男,斉藤誠一:ラットくしゃみ誘発尿禁制反射に対するノルアドレナリン・セロトニン再取り込み阻害薬の効果.西日泌尿,71:452-459,2009.
  • 菅谷公男:下部尿路機能障害Q&A−夜間頻尿−.Urology View,7:122-127,2009.
  • 菅谷公男:夜間頻尿.Corre Pon Urology, 3:9-11,2009.
  2009年度の 論文・総説・その他出版物、 特別講演、 学会発表、 ページトップ へジャンプ


特別講演

  • 菅谷公男:卒後教育プログラム講演:「排尿機能・神経泌尿器」夜間頻尿の診断と治療.T.夜間頻尿の診断と治療.第74回日本泌尿器科学会東部総会,10月,松本,2009年.
  • 菅谷公男:特別講演:夜間頻尿の原因と治療.埼玉夜間頻尿フォーラム,10月,大宮,2009年.
  • 菅谷公男:尿失禁の診断・治療と最新手術方法.琉球大学公開講座:自宅でも気軽にでき介護に役立つ快適排泄ケアU.9月,西原,2009年.
  • 菅谷公男,西島さおり,嘉手川豪心,山本秀幸:高血圧に伴う排尿障害.シンポジウムU,生活習慣病に伴う排尿障害と薬物治療.第11回静岡応用薬理シンポジウム.9月,静岡,2009年.
  • 菅谷公男:特別講演:全身状態に起因する高齢者排尿症状−その発症機序と対策−.川西市医師会特別学術講演会,9月,川西,2009年.
  • 菅谷公男:排尿障害の診断と治療・手術の実際−ここまで良くなる尿もれ、頻尿、尿が出にくい−.琉球大学公開講座:おしっこのことで悩んでいませんか?−より快適な生活を送る為に−.8月,西原,2009年.
  • 菅谷公男:排尿障害の原因と対処法:泌尿器科医の立場から.市民公開講座:排尿排便の自己管理と在宅介護の実際.排尿排便の自己管理と介護を考える沖縄の会,7月,那覇,2009年.
  • 菅谷公男:特別講演:過活動膀胱と夜間頻尿−高血圧症との関わり−.福岡市西区医師会学術講演会,6月,福岡,2009年.
  • 菅谷公男:特別講演:全身状態に起因する高齢者排尿症状−その発症機序と対策−.諫早医師会学術講演会,6月,諫早,2009年.
  • 菅谷公男:パネルディスカッション:三尖弁閉鎖不全に伴う下大静脈逆流と泌尿器疾患との関係.大阪泌尿器科臨床医会総会 第55回学術集会,5月,大阪,2009年.
  • 菅谷公男ランチョンセミナー:過活動膀胱と夜間頻尿.第61回日本産婦人科学会学術集会,4月,京都,2009年.
  • 菅谷公男:特別講演:過活動膀胱と夜間頻尿.第11回高知尿失禁懇話会,4月,高知,2009年.
  • 菅谷公男:特別講演:こころと夜尿症.第7回関東コンチネンスミーティング,3月,東京,2009年.
  • 菅谷公男:特別講演:過活動膀胱と夜間頻尿−高血圧との関わり−.学術講演会,2月,沖縄,2009年.
  • 菅谷公男:特別講演:過活動膀胱と夜間頻尿−その原因と治療−.夜間頻尿セミナー,2月,福岡,2009年.
  2009年度の 論文・総説・その他出版物、 特別講演、 学会発表、 ページトップ へジャンプ


学会発表

  • Kadekawa K, Nishijima S, Sugaya K, Yamamoto H: The excitatory effect of propiverine hydrochloride on the urethral activities in rats. 4th PPCS Meeting, 2009 Sep, Fukuoka.
  • Nishijima S, Sugaya K, Kadekawa K: Synergistic effect by co-administration of tamsulosin and solifenacin on bladder activity in rats. 39th Annual Meeting of the International Continence Society. 2009 Oct. San Francisco.
  • Nishijima S, Sugaya K, Kadekawa K: Influence of propiverine, an anticholinergic agent, on micturition reflex, blood pressure, and plasma catecholamine level in young and elderly rats. 39th Annual Meeting of the International Continence Society. 2009 Oct. San Francisco.
  • Kadekawa K, Nishijima S, Sugaya K, Yamamoto H: Serotonergic inhibition of micturition in rats. Annual Meeting of Neuroscience, 2009 Oct, Chicago.
  • 嘉手川豪心,西島さおり,宮里 実,菅谷公男: 脊髄損傷ラットにおけるアドレナリンα1Aおよびα1D受容体遮断薬の脊髄髄腔内投与の膀胱活動に及ぼす効果. 第44回日本脊髄障害医学会,11月,東京,2009年.
  • 菅谷公男、仲田清剛、下地 勉、小田口尚幸、仲本みのり、仲里 聡、西島さおり、嘉手川豪心:高血圧症患者の血圧と夜間頻尿の関係.第16回日本排尿機能学会,9月,福岡,2009年.
  • 安次富勝博、嘉手川豪心、西島さおり、大城琢磨、名嘉栄勝、諸角誠、菅谷公男:夜間頻尿に対する塩酸フラボキサートの有効性の検討.第16回日本排尿機能学会,9月,福岡,2009年.
  • 西島さおり、菅谷公男、嘉手川豪心、安次富勝博、名嘉栄勝、大城琢磨:若齢ラットと老齢ラットにおける塩酸プロピベリンの排尿反射と交感神経活動に及ぼす影響.第16回日本排尿機能学会,9月,福岡,2009年.
  • 大城琢磨、菅谷公男、嘉手川豪心、西島さおり、安次富勝博、名嘉栄勝:膀胱痛症候群に対する選択的セロトニン再取り込み阻害薬であるマレイン酸フルボキサミンの効果.第16回日本排尿機能学会,9月,福岡,2009年.
  • 名嘉栄勝、菅谷公男、西島さおり、嘉手川豪心、安次富勝博、大城琢磨:ラット橋排尿抑制野へのグルタミン酸またはグルタミン酸受容体拮抗薬の投与による排尿反射への影響.第16回日本排尿機能学会,9月,福岡,2009年.
  • 嘉手川豪心、西島さおり、大城琢磨、名嘉栄勝、安次富勝博、宮里実、菅谷公男:脊髄損傷ラットにおけるアドレナリンα1Aおよびα1D受容体遮断薬の脊髄髄腔内投与の膀胱活動に及ぼす効果.第16回日本排尿機能学会,9月,福岡,2009年.
  • 嘉手川豪心、西島さおり、大城琢磨、名嘉栄勝、安次富勝博、菅谷公男:塩酸プロピベリン経口投与によるラット膀胱・尿道活動の変化.第16回日本排尿機能学会,9月,福岡,2009年.
  • 嘉手川豪心:陰茎癌患者に発生したMyiasisの1例.第111回日本泌尿器科学会沖縄地方会,9月,宜野湾,2009年.
  • 菅谷公男、喜友名明日香、木村 隆、杠葉美樹、松村英理、大城琢磨、伊波 恵、嘉手川豪心、町田典子、宮里 実、大城吉則、斎藤誠一:経腹的超音波検査による下大静脈逆流の有無と泌尿器疾患の関係.第97回日本泌尿器科学会総会,4月,岡山,2009年.
  • 西島さおり、菅谷公男、嘉手川豪心、大城琢磨、名嘉栄勝、町田典子、宮里 実、大城吉則、斎藤誠一:排尿障害治療薬による下部尿路症状と尿中ATP値の関連.第97回日本泌尿器科学会総会,4月,岡山,2009年.
  • 名嘉栄勝、菅谷公男、西島さおり、嘉手川豪心、大城琢磨、町田典子、宮里 実、大城吉則、斎藤誠一:脳梗塞に伴うラット吻側橋網様核の排尿反射に及ぼす作用の変化.第97回日本泌尿器科学会総会,4月,岡山,2009年.
  • 大城琢磨、菅谷公男、西島さおり、嘉手川豪心、名嘉栄勝、町田典子、宮里 実、大城吉則、斎藤誠一:ラットの膀胱活動に及ぼす塩酸タムスロシンとコハク酸ソリフェナシンの併用効果の検討.第97回日本泌尿器科学会総会,4月,岡山,2009年.
  • 嘉手川豪心、菅谷公男、大城琢磨、名嘉栄勝、西島さおり、町田典子、宮里 実、大城吉則、斎藤誠一:ラット脊髄髄腔内へのセロトニン2A受容体拮抗薬投与による膀胱および尿道活動の変化.第97回日本泌尿器科学会総会,4月,岡山,2009年.
  • 嘉手川豪心、喜友名明日香、木村隆、玉城光由、大城琢磨、伊波恵、松村英理、町田典子、宮里実、大城吉則、菅谷公男、斎藤誠一:会陰部痛・下腹部痛を主訴とする糖尿病性ニューロパチーの1例.第109回日本泌尿器科学会沖縄地方会,3月,宜野湾,2009年.
  • 西島さおり、嘉手川豪心、菅谷公男:排尿症状および薬剤治療効果と尿中ATPの関係.第19回病態生理学会,1月,所沢,2009年.
  • 菅谷公男、西島さおり、嘉手川豪心:過活動膀胱および神経因性膀胱の有無と血清ChE値の関係.第19回病態生理学会,1月,所沢,2009年.
  • 嘉手川豪心、西島さおり、菅谷公男:各種抗コリン薬のラット膀胱活動、血中モノアミン濃度と尿中ATP値に及ぼす影響.第19回病態生理学会,1月,所沢,2009年.
  2009年度の 論文・総説・その他出版物、 特別講演、 学会発表、 ページトップ へジャンプ