株式会社サザンナイトラボラトリー 2008年研究業績

2008年の研究業績

  2008年度の 論文・総説・その他出版物、 特別講演、 学会発表 へジャンプ

論文、総説、その他出版物

  • Sugaya K, Nishijima S, Oda M, Owan T, Miyazato M, Ogawa Y.: Biochemical and body composition analysis of nocturia in the elderly. Neurourol Urodyn. 27:205-211, 2008
  • Sugaya K, Nishijima S, Tasaki S, Kadekawa K, Miyazato M, Ogawa Y.: Mechanisms by which a phytotherapeutic drug influences bladder activity in rats. J Urol. 179:770-774, 2008.
  • Miyazato M, Sugaya K, Nishijima S, Kadekawa K, Oshiro Y, Hokama S, Uchida A, Ogawa Y.: Changes of bladder activity and glycine levels in the lumbosacral cord after partial bladder outlet obstruction in rats. Int J Urol. 15:843-847, 2008.
  • Miyazato M, Sasatomi K, Hiragata S, Sugaya K, Chancellor MB, de Groat WC, Yoshimura N.: Suppression of detrusor-sphincter dysynergia by GABA-receptor activation in the lumbosacral spinal cord in spinal cord-injured rats. Am J Physiol Regul Integr Comp Physiol. 295:R336-342, 2008.
  • Miyazato M, Sasatomi K, Hiragata S, Sugaya K, Chancellor MB, de Groat WC, Yoshimura N.: GABA-receptor activation in the lumbosacral spinal cord reduces detrusor overactivity in spinal cord injured rats. J Urol. 179:1178-1183, 2008.
  • Miyazato M, Kaiho Y, Kamo I, Chancellor MB, Sugaya K, de Groat WC, Yoshimura N.: Effect of duloxetine, a norepinephrine and serotonin reuptake inhibitor, on sneeze-induced urethral continence reflex in rats. Am J Physiol Renal Physiol. 295:F264-271, 2008.
  • Teerajetgul Y, Hossain RZ, Machida N, Sugaya K, Ogawa Y.: Endogenous oxalogenesis after acute intravenous loading with ethylene glycol or glycine in rats receiving standard and vitamin B6-deficient diets. Int J Urol. 15:929-935, 2008.
  • Ohoka H, Sone A, Sugaya K, Nishizawa O.: Pathogenesis and Diagnosis of Nocturia: From a New Viewpoint. UroToday Internationa Journal. 1:1939-1948, 2008.
  • Yachantha C, Woottishin S, Hossain RZ, Sugaya K, Uchida A, Yamakawa K, Kawai S, Nishijima S, Maeda T, Ogawa Y.: Potential phamacological effects of bitter gourd (Momordica charantia) on urological diseases: a review. Nishinihon J Urol, 70:349-355, 2008.
  • Kadekawa K, Sugaya K, Nishijima S, Miyazato M, Oshiro Y, Hokama S, Kushi Y.: Chronic prostatitis/chronic pelvic pain syndrome complicated by interstitial cystitis and fibromyalgia syndrome. Nishinihon J Urol. 70: 641-645, 2008.
  • 菅谷公男:第5章,診療に関するQ&A13−夜間頻尿の患者に対する対処法を教えて下さい−.柿崎秀宏,吉田正貴 編.ファーマナビゲーターシリーズ「下部尿路機能障害編」.272-281,メディカルレビュー社,東京,2008.
  • 菅谷公男:Male nocturiaの診断と治療 New Concepts of BPH/LUTS.山口 脩,西澤 理,塚本泰司,武田正之 編,84-88,RichHill Medical,東京,2008.
  • 菅谷公男:排尿機能・神経泌尿器−夜間頻尿の成因と診断−.西村泰司 編,日本泌尿器科学会2008年卒後・生涯教育テキスト.103-110,日本泌尿器科学会,東京,2008.
  • 嘉手川豪心,菅谷公男,西島さおり,宮里 実:ラット膀胱活動に及ぼすセロトニン脊髄髄腔内投与の効果.日脊障医誌,21:110-111,2008.
  • 嘉手川豪心,菅谷公男,田崎新資,西島さおり,仲西昌太郎,杠葉美樹,玉城光由,松村英理,豊里友常,川合志奈,町田典子,山川健一,大城吉則,外間実裕,内田 厚,小川由英:夜間頻尿に対する塩酸オキシブチニン就寝前投与の効果.西日泌尿,70:492-498,2008.
  • 井上幸恵,小林 慎,菅谷公男:過活動膀胱の医療経済.日泌尿会誌,99:713-722,2008.
  • 菅谷公男:蓄尿・排尿症状を呈する下部尿路以外の要因.高齢者の排泄ケア Advances in Aging and Health Research 2007,財団法人長寿科学振興財団:東京.89-96,2008.
  • 菅谷公男:慢性膀胱炎の病態と症状,診断と治療について教えてください.西澤 理 監修,排泄障害のマネージメント.大鵬薬品工業株式会社,東京,4,2008.
  • 菅谷公男:夜間頻尿・夜間膀胱容量低下による夜間頻尿の原因と治療.日経CME第96回日本泌尿器科学会総会ハイライト別冊,大鵬薬品工業株式会社,東京,2008.
  • 西島さおり,菅谷公男:排尿障害治療薬の尿中ATP値に及ぼす影響.日経CME第96回日本泌尿器科学会総会ハイライト別冊,大鵬薬品工業株式会社,東京,2008.
  • 菅谷公男:今さら聞けない泌尿器科の疑問・質問 大特集−特集1 排尿についての疑問・質問−.泌尿器ケア,13:10-16,2008.
  2008年度の 論文・総説・その他出版物、 特別講演、 学会発表、 ページトップ へジャンプ


特別講演

  • 菅谷公男:特別講演:患者背景による夜間頻尿治療の実際.第29回新潟排尿障害セミナー,12月,新潟,2008年.
  • 菅谷公男:卒後教育プログラム講演:「排尿機能・神経泌尿器」夜間頻尿の診断と治療.T.夜間頻尿の診断と治療.第60回日本泌尿器科学会西日本総会,11月,小倉,2008年.
  • 菅谷公男:ランチョンセミナー:患者背景による夜間頻尿治療の実際.第58回日本泌尿器科学会中部総会,11月,大津,2008年.
  • 菅谷公男:特別講演:患者背景による夜間頻尿治療の実際.鹿児島県医師会学術講演会,11月,鹿児島,2008年.
  • 菅谷公男:イブニングセミナー:下部尿路機能障害におけるphytotherapyの役割−下部尿路機能におけるエビプロスタットの薬理学的再検討−.第15回日本排尿機能学会,9月,東京,2008年.
  • 菅谷公男:ランチョンセミナー:患者背景による下部尿路症状治療薬の使い分け.第73回日本泌尿器科学会東部総会,9月,東京,2008年.
  • 菅谷公男:特別講演:全身状態に起因する高齢者排尿症状−その発症機序と対策−.南高医師会学術講演会,9月,南島原,2008年.
  • 菅谷公男:特別講演:夜間頻尿と高血圧の関係.第15回ウロダイナミックス研究会,9月,大阪,2008年.
  • 菅谷公男:特別講演:患者背景による下部尿路症状治療薬の使い分け.エビプロスタット配合錠DB発売記念学術講演会,8月,岡山,2008年.
  • 菅谷公男:特別講演:前立腺肥大症と夜間頻尿−高血圧症との関わり−.エビプロスタット配合錠DB発売記念講演会,7月,福井,2008年.
  • 菅谷公男:特別講演:前立腺肥大症と夜間頻尿−高血圧症との関わり−.前立腺疾患と夜間頻尿に関する学術講演会,7月,群馬,2008年.
  • 菅谷公男:特別講演:前立腺肥大症と夜間頻尿−高血圧症との関わり−.エビプロスタット錠発売40周年記念講演会,7月,福島,2008年.
  • 菅谷公男:特別講演:過活動膀胱と夜間頻尿−高血圧との関わり−過活動膀胱治療フォーラム2008,6月,場所,2008年.
  • 菅谷公男:特別講演:女性尿失禁の原因と治療.第270回筑後ブロック産婦人科医会研修会,5月,久留米,2008年.
  • 菅谷公男:サテライトセミナー:夜間膀胱容量低下による夜間頻尿の原因と治療.第96回日本泌尿器科学会総会,4月,東京,2008年.
  • 菅谷公男,西島さおり,宮里実,嘉手川豪心,小川由英:ワークショップ:「新薬総括:新薬を理解しどう使い分けるか」個々人の病態にあったLUTS治療薬の選択と組み合わせ.第96回日本泌尿器科学会総会,4月,東京,2008年.
  • 菅谷公男:教育セミナー:患者背景による頻尿治療薬の使い分け.第96回日本泌尿器科学会総会,4月,東京,2008年.
  • 菅谷公男:特別講演:前立腺肥大症と夜間頻尿−高血圧症との関わり−.第13回東海排尿障害研究会,3月,名古屋,2008年.
  • 菅谷公男:特別講演:前立腺肥大症と夜間頻尿−その病態と治療−.LUTSセミナー,3月,仙台,2008年.
  • 菅谷公男:特別講演:前立腺肥大症と夜間頻尿−高血圧症との関わり−.宮古地区医師会講演会,3月,宮古島,2008年.
  • 菅谷公男:特別講演:前立腺肥大症と夜間頻尿−その病態と治療−.エビプロスタット発売40周年記念講演会,2月,富山,2008年.
  • 菅谷公男:特別講演:前立腺肥大症と夜間頻尿−高血圧症との関わり−.南部地区医師会学術講演会,2月,八重瀬,2008年.
  • 菅谷公男:特別講演:女性尿失禁の原因と治療.沖縄産婦人科学術講演会,2月,那覇,2008年.
  • 菅谷公男:特別講演:前立腺肥大症と夜間頻尿−高血圧症との関わり−.鹿児島市泌尿器科医師会学術講演会,2月,鹿児島,2008年.菅谷公男:特別講演:過活動膀胱と夜間頻尿.第1回水戸排尿障害研究会,1月,水戸,2008年.
  2008年度の 論文・総説・その他出版物、 特別講演、 学会発表、 ページトップ へジャンプ


学会発表

  • Nishijima S, Kadekawa K, Miyazato M, Sugaya K: Comparison of the effects of antimuscarinic agents on autonomic nervous system, urinary ATP level and bladder activity in rats. 38th Annual Meeting of the International Continence Society, Oct, Cairo, 2008.
  • Nishijima S, Kadekawa K, Miyazato M, Sugaya K: Effects of anti-muscarinic agent and an alpha-1 receptor antagonist on plasma monoamine levels, urinary ATP level and bladder activity after bladder stimulation in rats. 38th Annual Meeting of the International Continence Society, Oct, Cairo, 2008.
  • Kadekawa K, Nishijima S, Miyazato M, Sugaya K: Effects of intrathecal of serotonin on bladder activity, urethral activity, and amino acid levels in the lumbosacral cord of rat. 38th Annual Meeting of the International Continence Society, Oct, Cairo, 2008.
  • Miyazato M, Sugaya K, Chancellor1 MB, Goins WF, Goss JR, Glorioso JC, Yoshimura N: Suppression of detrusor-sphincter dyssynergia by herpes simplex virus vector-mediated glutamic acid decarboxylase gene delivery in spinal cord injures rats. 38th Annual Meeting of the International Continence Society, Oct, Cairo, 2008.
  • 西島さおり、嘉手川豪心、宮里実、町田典子、大城吉則、外間実裕、菅谷公男:各種抗コリン薬の膀胱活動、尿中ATP値や自律神経系に及ぼす影響の比較.第15回日本排尿機能学会,9月,東京,2008年.
  • 西島さおり、菅谷公男、嘉手川豪心、宮里 実、大城吉則、外間実裕、内田 厚、小川由英:排尿障害治療薬の尿中ATP値に及ぼす影響.第96回日本泌尿器科学会総会,4月,東京,2008年.
  • 嘉手川豪心、菅谷公男、西島さおり、宮里 実、大城吉則、外間実裕、内田 厚、小川由英.ラット脊髄髄腔内へのセロトニン投与による膀胱活動と腰仙髄アミノ酸濃度の変化.日本泌尿器科学会総会、横浜 2008(H20) 4月
  • 喜友名明日香、嘉手川豪心、木村隆、杠葉美樹、伊波恵、松村英理、豊里友常、川合志奈、町田典子、宮里実、外間実裕、大城吉則、菅谷公男:両側尿管鏡検査を施行後、急性腎不全を来した1例.第105回日本泌尿器科学会沖縄地方会、宜野湾、2008(H20) 7月
  • 嘉手川豪心、西島さおり、宮里実、菅谷公男.ラット脊髄髄腔内へのセロトニン投与による膀胱・尿道活動の変化.第15回排尿機能学会、猪苗代、2008(H20) 9月
  • 嘉手川豪心,西島さおり,宮里実、菅谷公男:第38回国際尿禁制学会報告.第107回日本泌尿器科学会沖縄地方会,11月,那覇(特別講演)
  • 嘉手川豪心,西島さおり,宮里 実,菅谷公男: 脊髄損傷患者に発生したフルニエ壊疽.日本脊髄障害医学会、11月、札幌(2008 H20)
  • 西島さおり,菅谷公男,嘉手川豪心,宮里 実,小川由英:2008年,「排尿障害に対する漢方治療への期待−牛車腎気丸を中心に−」複合生薬からなる牛車腎気丸のラット膀胱活動に与える影響.第26回泌尿器科漢方研究会学術集会,4月,横浜.(シンポジウム)
  2008年度の 論文・総説・その他出版物、 特別講演、 学会発表、 ページトップ へジャンプ