株式会社サザンナイトラボラトリー 2007年研究業績

2007年の研究業績

  2007年度の 論文・総説・その他出版物、 特別講演、 学会発表 へジャンプ

論文、総説、その他出版物

  • Sugaya K, Nishijima S, Tasaki S, Kadekawa K, Miyazato M, Ogawa Y.: Effects of propiverine and naftopidil on the urinary ATP level and bladder activity after bladder stimulation in rats. Neurosci Lett. 429:142-146, 2007.
  • Sugaya K, Nishijima S, Oda M, Miyazato M, Ogawa Y.: Change of blood viscosity and urinary frequency by high water intake. Int J Urol. 14:470-472, 2007.
  • Sugaya K, Hokama A, Hayashi E, Naka H, Oda M, Nishijima S, Miyazato M, Hokama S, Ogawa Y.: Prognosis of bedridden patients with end-stage renal failure after starting hemodialysis. Clin Exp Nephrol. 11:147-150, 2007.
  • Sugaya K Nishijima S, Miyazato M, Kadekawa K, Ogawa Y.: Effects of melatonin and rilmazafone on nocturia in the elderly. J Int Med Res. 35:685-691, 2007.
  • Sugaya K, Nishijima S, Owan T, Oda M, Miyazato M, Ogawa Y.: Effects of walking exercise on nocturia in the elderly. Biomed Res. 28:101-105, 2007.
  • Sugaya K, de Groat WC.: Bladder volume-dependent excitatory and inhibitory influence of lumbosacral dorsal and ventral roots on bladder activity in rats. Biomed Res. 28:169-175, 2007.
  • Sugaya K, Nishijima S, Miyazato M, Owan T, Ogawa Y.: Investigation of biochemical factors related to non-troublesome nocturnal urination. Biomed Res. 28:213-217, 2007.
  • Sugaya K, Onaga T, Nishijima S, Miyazato M, Ogawa Y.: Relationship between serum cholinesterase level and urinary bladder activity in patients with or without overactive bladder and/or neurogenic bladder. Biomed Res. 28:287-294, 2007.
  • Nishijima S, Sugaya K, Miyazato M, Ogawa Y.: Effect of Gosha-jinki-gan, a blended herbal medicine, on bladder activity in rats. J Urol. 177:762-765, 2007.
  • Nishijima S, Sugaya K, Miyazato M, Kadekawa K, Ogawa Y.: Restoration of bladder contraction by bone marrow transplantation in rats with underactive bladder. Biomed Res. 28:275-280, 2007.
  • Miyazato M, Sugaya K, Nishijima S, Owan T, Ogawa Y.: Location of spina bifida occulta and ultrasonographic bladder abnormalities predict the outcome of treatment for primary nocturnal enuresis in children. Int J Urol. 14:33-38, 2007.
  • Teerajetgul Y, Hossain RZ, Yamakawa K, Morozumi M, Sugaya K, Ogawa Y.: Oxalate synthesis from hydroxypyruvate in vitamin-B6-deficient rats. Urol Res. 35:173-178, 2007.
  • Uchida A, Yonou H, Hayashi E, Iha K, Oda M, Miyazato M, Oshiro Y, Hokama S, Sugaya K, Ogawa Y.: Intravesical instillation of bacille Calmette-Guerin for superficial bladder cancer: cost-effectiveness analysis. Urology. 69:275-279, 2007.
  • Ogawa Y, Hossain RZ, Ogawa T, Yamakawa K, Yonou H, Oshiro Y, Hokama S, Morozumi M, Uchida A, Sugaya K.: Vitamin B6 deficiency augments endogenous oxalogenesis after intravenous L: -hydroxyproline loading in rats. Urol Res. 35:15-21, 2007.
  • Kadekawa K, Sakumoto M, Miyagi T, Nakayama T, Sugaya K, Ogawa Y: Primary intrascrotal sclerosing lipogranuloma: A report of three cases. Nishinihon J Urol, 69: 460-464, 2007.
  • Tomoyose T, Nagasaki A, Uchihara JN, Kinjo S, Sugaya K, Onaga T, Ohshima K, Masuda M, Takasu N: Primary adrenal adult T-cell leukemia/lymphoma: A case report and review of the literature. Am J Hematol, 82: 748-752, 2007.
  • Kimura T, Miyazato M, Kawai S, Hokama S, Sugaya K, Ogawa Y: Urethral polyp in a young girl: a case report. Hinyokika Kiyo, 53: 657-659, 2007.
  • Nishijima S, Sugaya K, Ogawa Y.: Vitamin B6 deficiency and urinary tract stone formation. (ed.) Lyman W Vesler, In: Malnutrition in the 21st Century, Chapter III 35-51, Nova Science Publishers, New York, 2007.
  • 菅谷公男,西島さおり,宮里 実:間質性膀胱炎に対する新たな取り組み.村井 勝,奥山明彦,内藤誠二 編,泌尿器疾患治療の新しいストラテジー.293-299,メジカルビュー社,東京,2007.
  • 菅谷公男:排尿障害と漢方治療.西澤 理 編,よくわかって役に立つ排尿障害のすべて.177-184,永井書店,東京,2007.
  • 菅谷公男:下部尿路機能障害における検査方法.後藤百万 編,下部尿路機能障害へのアプローチ.9-16,中外医学社,東京,2007.
  • 菅谷公男:腎不全.西沢 理,松田公志 編,NEW泌尿器科学(改訂第2版).269-272,南江堂,東京,2007.
  • 菅谷公男,宮里 実,西島さおり,小川由英:小児における夜尿症の治療成績と潜在性二部脊椎の局在および膀胱超音波異常所見の関連.日脊障医誌,20:202-203,2007.
  • 宮里 実,菅谷公男,西島さおり:加齢にともなう過活動膀胱の発症メカニズムの解明と新しい治療薬の開発.大和証券ヘルス財団研究業績集,30:162-167,2007.
  • 大城琢磨,菅谷公男,宮里 実,西島さおり,大城吉則,外間実裕,内田 厚,小川由英,林 英理,名嘉栄勝,名城文雄,新里 博,大山朝弘:前立腺肥大症に対する塩酸タムスロシンの治療効果.西日泌尿,69:237-243,2007.
  • 大城吉則,外間実裕,町田典子,内田 厚,菅谷公男,小川由英,當間茂樹,新垣義孝,小渡輝雄,宮島隆浩:沖縄県における献腎移植の現況.西日泌尿,69:391-395,2007.
  • 古賀成彦,金武 洋,内藤誠二,古賀寛史,中川昌之,川原元司,小川由英,菅谷公男,真崎善二郎,魚住二郎,上田昭一,吉田正貴,長田幸夫,蓮井良浩,田中正利,大島一寛,平塚義治,松岡 啓,宮原 茂,野口正典,野村芳雄,三股浩光,松本哲朗,藤本直浩:九州地方における腎血管筋脂肪腫の臨床的検討 第14回九州泌尿器科共同研究.西日泌尿,69:698-706,2007.
  • 米納浩幸,大堀 理,秦野 直,橘 政昭,呉屋真人,大城吉則,外間実裕,内田 厚,菅谷公男,小川由英,安次嶺聡,池原 在,前田浩之,落合敦志:ワークショップ 前立腺癌基礎研究の最前線 前立腺がん造骨性骨転移における病理形態の経時的検討ならびに破骨細胞抑制療法の効果−前立腺がん細胞と破骨細胞の関わりについて−.西日泌尿,69:209-220,2007.
  • 外間実裕,小田正美,嘉手川豪心,川合志奈,山川健一,町田典子,大城吉則,内田 厚,菅谷公男,小川由英:シンポジウムII 腎不全治療の最前線 泌尿器科医の役割−保存期腎不全患者に対する造影剤使用後の血液透析非施行に関する取り組み−.西日泌尿,69:361-364,2007.
  • 菅谷公男:夜間頻尿.LUTSプライマリ・ケア,2:3-7,2007.
  • 菅谷公男:漢方とエビデンス 牛車腎気丸と過活動膀胱.Medical Science Digest,33:761-764,2007.
  • 菅谷公男,西島さおり,宮里 実,小川由英:特集 高齢者の排尿障害の病態と対策 器質的疾患のない頻尿(夜間頻尿)と睡眠障害(不眠症).排尿障害プラクティス,14:291-297,2007.
  • 菅谷公男,西島さおり,大湾知子:特集 トイレが近い患者のケア 過活動膀胱を中心に−夜間頻尿への対処法−.臨床看護,33:226-232,2007.
  • 小田正美,外間実裕,大城吉則,菅谷公男,小川由英:閉鎖循環下抗癌剤灌流療法時の血液透析における差圧モニタリングの有用性.血液浄化技術研究会誌,14:119-122,2007.
  • 大岡均至,曽根淳史,菅谷公男,西澤 理:夜間頻尿の成因と診断・治療について.日排尿会誌,18:307-318,2007.
  • 内田 厚,菅谷公男,小川由英:左腎結核.西日泌尿,69:24-25,2007.
  • 菅谷公男:高齢者排尿障害に対する患者・介護者、看護師向きの排泄ケアガイドライン作成、一般内科医向きの評価基準・治療効果判定基準の確立、普及と高度先駆的治療法の開発(高齢者の夜間頻尿に対するメラトニン治療の確立).平成16-18年度 厚生労働科学研究費補助金(長寿科学総合研究事業:H16−長寿−008)総合研究報告書,48-50,2007.
  • 菅谷公男:夜間頻尿と小児夜尿症 治療のコツ.Medical Tribune 編,サノフィ・アベンティス株式会社,東京,2007.
  • 菅谷公男:研究最前線「尿を知ろう」夜間頻尿.静岡新聞,2007年9月2日.
  • 菅谷公男:特集 泌尿器疾患の話題 過活動膀胱−病態と薬物治療−.Medicament News,ライフ・サイエンス株式会社,東京,2007年9月5日.
  • 菅谷公男:高齢者の夜間頻尿を誘発する水分過剰摂取の利点と問題点に関する研究.財団法人 三井住友海上福祉財団2005年度研究助成研究結果報告書集,11:101-104,2007.
  • 内藤誠二,吉田正貴,武井実根雄,関 成人,菅谷公男:過活動膀胱(OAB)治療における継続コントロールとは.ファイザー株式会社提供 Medical Tribune特別企画,5項,2007.
  • 菅谷公男,Hossain RZ,Yachantha C,外間実裕,山川健一,小川由英,Promdee L:平成17年度研究活動報告(2) ラットにおけるシュウ酸前駆物質とシュウ酸産生に関する研究.琉亜医交琉協会会報,17-18合併号:7-10,2007.
  • 菅谷公男:夜間頻尿の治療戦略.サノフィ・アベンティス株式会社パンフレット,1-6,2007.
  2007年度の 論文・総説・その他出版物、 特別講演、 学会発表、 ページトップ へジャンプ


特別講演

  • 菅谷公男:特別講演:夜間頻尿Overview.第4回夜間頻尿を考える会,12月,福岡,2007年.
  • 菅谷公男:特別講演:前立腺肥大症と夜間頻尿.2007年過活動膀胱治療フォーラム,11月,岡山,2007年.
  • 菅谷公男:ランチョンセミナー:BPH/LUTS治療薬はどこに作用して効果を発揮するのか?第14回日本排尿機能学会,10月,猪苗代,2007年.
  • 菅谷公男:特別講演:夜間頻尿の原因と治療.2007年過活動膀胱治療フォーラム,10月,那覇,2007年.
  • 菅谷公男:特別講演:夜間頻尿の治療戦略,ベシケア錠発売1周年記念講演会,9月,宜野湾,2007年.
  • 菅谷公男:特別講演:OABに関する最近の話題.エビプロスタット発売40周年記念講演会,8月,那覇,2007年.
  • 菅谷公男:特別講演:過活動膀胱と夜間頻尿,第47回NGB研究会(第12回高野山セミナー),8月,高野山,2007年.
  • 菅谷公男:特別講演:過活動膀胱の治療と病診連携のタイミング.那覇市医師会崇元寺班会,7月,那覇,2007年.
  • 菅谷公男:特別講演:過活動膀胱と夜間頻尿.デトルシトール発売1周年記念講演会,7月,宮崎,2007年.
  • 菅谷公男:特別講演:過活動膀胱と夜間頻尿.デトルシトール発売1周年記念講演会,7月,神戸,2007年.
  • 菅谷公男:特別講演:夜間頻尿の原因と治療.宮崎市郡内科医会学術講演会,7月,宮崎,2007年.
  • 菅谷公男:特別講演:排尿障害の診断と治療の実際−ここまで良くなる尿もれ,頻尿,尿がでにくい−市民公開講座 おしっこのことで悩んでいませんか?6月,那覇,2007年.
  • 菅谷公男:特別講演:過活動膀胱と排尿障害.富山県泌尿器科木曜会,6月,富山,2007年.
  • 菅谷公男:特別講演:過活動膀胱と夜間頻尿.デトルシトール発売1周年記念講演会,6月,横浜,2007年.
  • 菅谷公男:特別講演:前立腺肥大と夜間頻尿.浜松ユリーフ発売1周年学術講演会,4月,浜松,2007年.
  • 菅谷公男:教育セミナー:夜間頻尿と小児夜尿症 治療のコツ.第95回日本泌尿器科学会総会,4月,神戸,2007年.
  • 菅谷公男:サテライトセミナー:排尿障害における求心性線維の話題 臨床における蓄尿障害と膀胱求心路活動に影響を及ぼす因子の変化.第95回日本泌尿器科学会総会,4月,神戸,2007年.
  2007年度の 論文・総説・その他出版物、 特別講演、 学会発表、 ページトップ へジャンプ


学会発表

  • Nishijima S, Sugaya K, Miyazato M, Kadekawa K, Ogawa Y: Effects of an anti-muscarinic agent and an alpha-1 receptor antagonist on urinary ATP levels and bladder activity after bladder stimulation in rats. 37th Annual Meeting of the International Continence Society, Aug, Rotterdam, 2007.
  • Fushimi K, Ishida Y, Harada T, Ito Y, Nishijima S, Sugaya K, Yamada S: Demonstration of muscarinic and nicotinic receptor binding activities of acetylcholinesterase inhibitors to treat impaired detrusor contractility. 37th Annual Meeting of the International Continence Society, Aug, Rotterdam, 2007.
  • 菅谷公男、西島さおり、田崎新資、嘉手川豪心、仲西昌太郎、玉城光由、川合志奈、小川由英:経腹的超音波検査による下大静脈逆流と泌尿器疾患の関係.第14回日本排尿機能学会,9月,猪苗代,2007年.
  • 西島さおり、菅谷公男、田崎新資、嘉手川豪心、杠葉美樹、山川健一、町田典子、小川由英:ラットの膀胱活動性に及ぼすエビプロスタットの作用機序の検討.第14回日本排尿機能学会,9月,猪苗代,2007年.
  • 嘉手川豪心、菅谷公男、西島さおり、田崎新資、松村英理、小田正美、内田 厚、小川由英:ラット膀胱活動に及ぼすセロトニン脊髄髄腔内投与の効果.第14回日本排尿機能学会,9月,猪苗代,2007年.
  • 田崎新資、菅谷公男、西島さおり、嘉手川豪心、大湾知子、大城吉則、外間実裕、小川由英:夜間頻尿に対する塩酸オキシブチニン就寝前投与の効果.第14回日本排尿機能学会,9月,猪苗代,2007年.
  • 菅谷公男、西島さおり、小田正美、大湾知子、宮里 実、大城吉則、外間実裕、内田 厚、小川由英:飲水負荷による血液粘調度と排尿回数の変化.第95回日本泌尿器科学会総会,4月,神戸,2007年.
  • 西島さおり、菅谷公男、大湾知子、宮里 実、田崎新資、嘉手川豪心、大城吉則、外間実裕、小川由英:夜間頻尿の苦痛の有無に関与する因子の検討.第95回日本泌尿器科学会総会,4月,神戸,2007年.
  • 嘉手川豪心、菅谷公男、西島さおり、小田正美、大湾知子、宮里 実、大城吉則、外間実裕、内田 厚、小川由英:前立腺全摘除術時の遊離腹直筋を用いた膀胱頸部形成術による術後尿失禁短縮効果.第95回日本泌尿器科学会総会,4月,神戸,2007年.
  • 田崎新資、菅谷公男、西島さおり、宮里 実、嘉手川豪心、小川由英:エビプロスタットによるラット頻尿改善効果の検討.第95回日本泌尿器科学会総会,4月,神戸,2007年.
  2007年度の 論文・総説・その他出版物、 特別講演、 学会発表、 ページトップ へジャンプ