株式会社サザンナイトラボラトリー 2006年研究業績

2006年の研究業績

  2006年度の 論文・総説・その他出版物、 特別講演、 学会発表 へジャンプ

論文、総説、その他出版物

  • Sugaya K, Nishijima S, Miyazato M, Oda M, Ogawa Y.: Inhibitory effect of the nucleus reticularis pontis oralis on the pontine micturition center and pontine urine storage center in decerebrate cats. Biomed Res. 27:211-217, 2006.
  • Nishijima S, Sugaya K, Fukuda T, Miyazato M, Ashimine S, Ogawa Y.: Serum amino acids as indicators of cerebrospinal neuronal activity in patients with micturition disorders. Int J Urol. 13:1479-1483, 2006.
  • Nishijima S, Sugaya K, Hokama S, Oshiro Y, Uchida A, Morozumi M, Ogawa Y.: Effect of vitamin B6 deficiency on glyoxylate metabolism in rats with or without glyoxylate overload. Biomed Res. 27:93-98, 2006.
  • Nishijima S, Sugaya K, Yamada T, Miyazato M, Ogawa Y.: Efficacy of tricyclic antidepressant is associated with beta2-adrenoceptor genotype in patients with interstitial cystitis. Biomed Res. 27:163-167, 2006.
  • Miyazato M, Sugaya K, Nishijima S, Oda M, Ogawa Y.: A gap junction blocker inhibits isolated whole bladder activity in normal rats and rats with partial bladder outlet obstruction. Biomed Res. 27:203-209, 2006.
  • Ashitomi K, Sugaya K, Miyazato M, Nishijima S, Ogawa Y.: Intrathecal glutamate promotes glycinergic neuronal activity and inhibits the micturition reflex in urethane-anesthetized rats. Int J Urol. 13:1519-1524, 2006.
  • Ogawa Y, Machida N, Ogawa T, Oda M, Hokama S, Chinen Y, Uchida A, Morozumi M, Sugaya K, Motoyoshi Y, Hattori M.: "Calcium oxalate saturation in dialysis patients with and without primary hyperoxaluria. Urol Res. 34:12-16, 2006.
  • Morozumi M, Hossain RZ, Yamakawa K, Hokama S, Nishijima S, Oshiro Y, Uchida A, Sugaya K, Ogawa Y.: Gastrointestinal oxalic acid absorption in calcium-treated rats. Urol Res. 34:168-172, 2006.
  • 菅谷公男:Idiopathic detrusor overactivityの治療.勝岡洋冶 編,日本泌尿器科学会2006年卒後・生涯教育テキスト.257-262,日本泌尿器科学会,東京,2006.
  • 西島さおり,菅谷公男,宮里 実:慢性脊損ラットにおける結石形成に関連する血中及び尿中物質と肝酵素活性に関する検討.日脊障医誌,19:154-155,2006.
  • 小川由英,町田典子,Hossain RZ,西島さおり,外間実裕,大城吉則,小田正美,小川知英,矢島愛治,内田 厚,諸角誠人,菅谷公男:腎性骨症とシュウ酸との関連性.腎と骨代謝,19:75-81,2006.
  • 古賀成彦,金武 洋,内藤誠二,古賀寛史,中川昌之,川原元司,小川由英,菅谷公男,真崎善二郎,魚住二郎,上田昭一,吉田正貴,長田幸夫,蓮井良浩,田中正利,大島一寛,平塚義治,松岡 啓,宮原 茂,野口正典,野村芳雄,三股浩光,松本哲朗,藤本直浩,九州泌尿器科共同研究会:腎血管筋脂肪腫における腎動脈塞栓術の効果について 第14回九州泌尿器科共同研究.西日泌尿,68:466-473,2006.
  • 菅谷公男:特集 下部尿路機能障害 プライマリ・ケアのサポート 下部尿路機能障害のプライマリ・ケアを知る−前立腺肥大症−.薬局,57:3062-3070,2006.
  • 菅谷公男,西島さおり,宮里 実,小川由英:夜間頻尿とその治療法 Causes and Treatment of Nocturia.PTM治療マニュアル,Vol.7:1号,2006.
  • 菅谷公男,西島さおり,宮里 実,小川由英:特集 LUTSと過活動膀胱 一般内科医が知っておくべき夜間頻尿の原因と治療.クリニカ,33:363-367,2006.
  • 菅谷公男,西島さおり,宮里 実,小川由英:特集 これだけは知っておきたい一般医における排尿障害のEBM 夜間頻尿の病態診断.EBMジャーナル,7:592-597,2006.
  • 菅谷公男,西島さおり,宮里 実,小川由英:特集 過活動膀胱up to date 排尿と蓄尿の制御機構.Pharma Medica,24:13-16,2006.
  • 菅谷公男,宮里 実,西島さおり,小川由英:頻尿・尿失禁(下部尿路機能障害)の病態と診断.カレントテラピー,24:13-17,2006.
  • 菅谷公男,宮里 実,西島さおり,小川由英:特集 腎・尿路疾患の診療指針'06 泌尿器科疾患 神経因性膀胱.腎と透析,61:488-491,2006.
  • 大城吉則,菅谷公男,小川由英,井上 治:特集 知っておきたい泌尿器科救急と外傷診療−血管病変と出血 出血性膀胱炎−.Urology View,4:68-72,2006.
  • 菅谷公男:ブラダロンの中枢性排尿反射抑制作用とそのメカニズム.日本新薬パンフレット,1-3,2006.
  • 菅谷公男:夜間頻尿の疫学 原因と治療 ハルナールの夜間頻尿に対する有効性と安全性パンフレット,1-4,2006.
  • 菅谷公男:夜間頻尿には単時間作動性の抗コリン薬を.インフォ・リラックスナイツ,1巻,2006.
  • 菅谷公男: ED(勃起障害).キョーリン製薬 にこやかかわら版,7号,2006.
  • 菅谷公男:尿失禁 その原因と対処法.特定医療法人敬愛会広報誌 わかば,36:2-7,2006.
  • 菅谷公男:市販後大規模・多施設試験 Comment.河邊香月 監修,Harnal 有効性と安全性のエビデンス.アステラス製薬株式会社,東京,58-59,2006.
  • 山口 脩,武田正之,高橋 悟,柿崎秀宏,吉田正貴,菅谷公男,荒木勇雄:シンポジウム BPHにおけるOAB症候群についてT 安全で,温かな"テーラーメードの医療"を目指して.第93回日本泌尿器科学会総会講演集,92-93,2006.
  • 山口 脩,武田正之,高橋 悟,柿崎秀宏,吉田正貴,菅谷公男,荒木勇雄:シンポジウム BPHにおけるOAB症候群についてU 安全で,温かな"テーラーメードの医療"を目指して.第93回日本泌尿器科学会総会講演集,94-95,2006.
  2006年度の 論文・総説・その他出版物、 特別講演、 学会発表、 ページトップ へジャンプ


特別講演

  • 菅谷公男:特別講演:過活動膀胱と夜間頻尿.西那須野支部定例会,11月,那須塩原,2006年.
  • 菅谷公男:教育カンファレンス:泌尿器腫瘍へのアプローチ−臨床の立場から−.第41回九州医学検査学会,11月,宜野湾,2006年.
  • 菅谷公男:特別講演:過活動膀胱と夜間頻尿.奄美地区過活動膀胱勉強会,10月,奄美,2006年.
  • 菅谷公男:特別講演:過活動膀胱と夜間頻尿.デトルシトール学術講演会,9月,弘前,2006年.
  • 菅谷公男:特別講演:過活動膀胱と夜間頻尿.奈良県デトルシトール新発売記念講演会,8月,奈良,2006年.
  • 菅谷公男:特別講演:夜間頻尿について考える.高齢者の排尿障害を考える会,8月,那覇,2006年.
  • 菅谷公男:特別講演:過活動膀胱と夜間頻尿.和歌山県デトルシトール発売記念講演会,7月,和歌山,2006年.
  • 菅谷公男:特別講演:頻尿・尿失禁を呈する過活動膀胱とは その病態と対策.デトルシトール学術講演会,7月,沖縄,2006年.
  • 菅谷公男:特別講演:過活動膀胱と夜間頻尿.千葉デトルシトール新発売記念講演会,7月,千葉,2006年.
  • 菅谷公男:特別講演:過活動膀胱と夜間頻尿.福岡市デトルシトール学術講演会,6月,福岡,2006年.
  • 菅谷公男:特別講演:前立腺肥大症に伴う下部尿路症状とその対策.沖縄県中部地区医師会学術講演会,6月,北谷,2006年.
  • 菅谷公男:特別講演:過活動膀胱と夜間頻尿.沖縄県北部地区医師会学術講演会,6月,名護,2006年.
  • 菅谷公男:特別講演:頻尿・尿失禁を呈する過活動膀胱とは その病態と対策.デトルシトール学術講演会,6月,那覇,2006年.
  • 菅谷公男:特別講演:過活動膀胱と夜間頻尿 その原因と対策.平成18年度宮崎県病院薬剤師会総会・研修会,5月,宮崎,2006年.
  • 菅谷公男:特別講演:高齢者の過活動膀胱と夜間頻尿 その原因と対策.第8回栃木排尿プラクティス研究会,5月,宇都宮,2006年.
  • 菅谷公男:特別講演:過活動膀胱と夜間頻尿 その原因と対策.第5回愛宕泌尿器医会,4月,東京,2006年.
  • 菅谷公男:ラジオ講座:夜間頻尿の病態と治療.日本薬剤師会生涯学習,4月,2006年.
  • 菅谷公男:総合企画:前立腺肥大症の薬物療法,夜間頻尿に対する治療法.第94回日本泌尿器科学会総会,4月,福岡,2006年.
  • 菅谷公男:インターネットカンファレンス:閉塞による排尿筋過活動.福岡支店K−ネットカンファレンス,2月,2006年.
  • 菅谷公男:特別講演:尿失禁の予防.平成17年度地域リハビリテーション交流会,1月,那覇,2006年.
  2006年度の 論文・総説・その他出版物、 特別講演、 学会発表、 ページトップ へジャンプ


学会発表

  • Sugaya K, Onaga T, Nishijima S, Miyazato M, Ogawa Y.: Serum cholinesterase levels in patients with or without overactive bladder and/or neurogenic bladder. 36th Annual Meeting of the International Continence Society, Christchurch, Nov, Christchurch, 2006.
  • Nishijima S, Sugaya K, Miyazato M, Ogawa Y: Effect of gosha-jinki-gan, a herbal medicine, on bladder activity and the autonomic nervous system in rats. 36th Annual Meeting of the International Continence Society, Nov, Christchurch, 2006.
  • Nishijima S, Sugaya K, Miyazato M, Ogawa Y: Restoration of bladder function by bone marrow cell transplantation in rats with underactive bladder by bladder outlet obstruction. 36th Annual Meeting of the International Continence Society, Nov, Christchurch, 2006.
  • 西島さおり、菅谷公男、宮里 実、小川由英、大根田修:閉塞膀胱モデルラットを用いた低活動膀胱への骨髄幹細胞移植による下部尿路機能の再構築の可能性.第13回日本排尿機能学会,9月,東京,2006年.
  • 西島さおり、菅谷公男、宮里 実、小川由英:閉塞膀胱ラットの低活動性膀胱への骨髄幹細胞移植による膀胱機能の再構築.第94回日本泌尿器科学会総会,4月,福岡,2006年.
  2006年度の 論文・総説・その他出版物、 特別講演、 学会発表、 ページトップ へジャンプ