株式会社サザンナイトラボラトリー 2005年研究業績

2005年の研究業績

  2005年度の 論文・総説・その他出版物、 特別講演、 学会発表 へジャンプ

論文、総説、その他出版物

  • Nishijima S, Sugaya K, Miyazato M, Shimabukuro S, Morozumi M, Ogawa Y.: Activation of the rostral pontine reticular formation increases the spinal glycine level and inhibits bladder contraction in rats. J Urol. 173:1812-1816, 2005.
  • Miyazato M, Sugaya K, Nishijima S, Ashitomi K, Morozumi M, Ogawa Y.: Dietary glycine inhibits bladder activity in normal rats and rats with spinal cord injury. J Urol. 173:314-317, 2005.
  • Miyazato M, Sugaya K, Nishijima S, Kadekawa K, Ashimine S, Ogawa Y.: Intrathecal or dietary glycine inhibits bladder and urethral activity in rats with spinal cord injury. J Urol. 174:2397-2400, 2005.
  • Miyazato M, Sugaya K, Nishijima S, Morozumi M, Ohyama C, Ogawa Y.: Rectal distention inhibits the spinal micturition reflex via glycinergic or GABAergic mechanisms in rats with spinal cord injury. Urol Int.74:160-165, 2005.
  • Hokama S, Toma C, Iwanaga M, Morozumi M, Sugaya K, Ogawa Y.: Oxalate-degrading Providencia rettgeri isolated from human stools. Int J Urol. 12:533-538, 2005.
  • Hossain RZ, Ogawa Y, Morozumi M, Hokama S, Uchida A, Sugaya K.: Urinary response to an oxalic acid load is influenced by the timing of calcium loading in rats. J Urol. 174:2027-2031, 2005.
  • Sugaya K, Nishijima S, Miyazato M, Ogawa Y: Central nervous control of micturition and urine storage. J Smooth Muscle Res, 41: 117-132, 2005.
  • Ashimine S, Miyazato M, Hayashi E, Morozumi M, Sugaya K, Ogawa Y: Distal ureteral atresia: recovery of renal function after relief of obstruction at ten months old. Int J Urol, 12: 578-580, 2005.
  • 西島さおり,菅谷公男,宮里 実,島袋修一:低活動性膀胱または尿道への幹細胞移植による膀胱と尿道の機能再構築.大和証券ヘルス財団研究業績集,28:148-152,2005.
  • 嘉手川豪心,宮里 実,西島さおり,安次富勝博,菅谷公男:当院における二分脊椎症例の臨床的検討.日脊障医誌,18:232-233,2005.
  • 菅谷公男,西島さおり,宮里 実,小川由英:診断の指針 治療の指針 夜間頻尿の病態と治療.綜合臨床,54:3152-3153,2005.
  • 菅谷公男,西島さおり,宮里 実,小川由英:排尿障害と加齢 夜間頻尿の診断と治療.ジェロントロジーニューホライズン,17:275-280,2005.
  • 菅谷公男,西島さおり,宮里 実,小川由英:排尿障害 QOL向上への期待−排尿障害 ようやく解明されてきた病態−排尿障害での中枢と下部尿路連関.治療学,39:1183-1187,2005.
  • 菅谷公男,西島さおり,宮里 実,小川由英:いま夜間頻尿を科学する−夜間多尿と夜間頻尿−.Urology View,3:28-31,2005.
  • 菅谷公男,西島さおり,宮里 実,小川由英:夜間頻尿の原因と病態分類.排尿障害プラクティス,13:7-13,2005.
  • 呉屋真人,米納浩幸,大城吉則,外間実裕,内田 厚,諸角誠人,菅谷公男,小川由英,池原 在,前田浩之,落合淳志:前立腺癌に対する新しい治療法 前立腺がん骨転移に対する破骨細胞抑制療法の可能性.西日泌尿,67:367-375,2005.
  • 大城吉則,外間実裕,菅谷公男,小川由英:移植腎出血のために摘出に至った機能廃絶移植腎の1例.腎移植・血管外科,17:83-87,2005.
  • 宮里 実,島袋修一,嘉手川豪心,川合志奈,米納浩幸,外間実裕,大城吉則,内田 厚,諸角誠人,菅谷公男,小川由英:二分脊椎にともなう萎縮膀胱に対して回腸利用膀胱拡大術後腎機能が悪化した1例.日本小児腎不全学会雑誌,25:102-104,2005.
  • 菅谷公男:脳脊髄障害に伴う腰仙髄内神経伝達物質の経時的変化と下部尿路機能の回復機構.平成14年度-16年度 科学研究費補助金(14370516:基盤研究(B)(2))研究成果報告書,1-120,2005.
  • 菅谷公男,西島さおり,宮里 実,小川由英:α1アドレナリン受容体遮断薬による前立腺肥大症に伴う蓄尿障害改善の新しい考え方.Medical Publisher, Inc,1-4,2005.
  • 菅谷公男,西島さおり,宮里 実,小川由英:夜間頻尿の病態と治療戦略−夜間頻尿の病態.第93回日本泌尿器科学会総会教育セミナー記録集,4-5,2005.
  • 西澤 理,横山光彦,吉田 実,後藤章暢,菅谷公男:座談会 過活動膀胱(OAB)と漢方治療 牛車腎気丸を中心に.漢方医学,29:2-13,2005.
  2005年度の 論文・総説・その他出版物、 特別講演、 学会発表、 ページトップ へジャンプ


特別講演

  • 菅谷公男:特別講演:高齢者の頻尿・尿失禁の原因と対策.第1回北大阪排尿障害フォーラム,12月,大阪,2005年.
  • 菅谷公男:特別講演:過活動膀胱と夜間頻尿 その関連性と相違点.滋賀OAB学術講演会,10月,草津,2005年.
  • 菅谷公男:特別講演:夜間頻尿の原因と対策.鳥取泌尿器疾患セミナー,9月,鳥取,2005年.
  • 菅谷公男:特別講演:頻尿・尿失禁の主因である過活動膀胱とは その病態と対策.浦添市医師会学術講演会,9月,浦添,2005年.
  • 菅谷公男:特別講演:尿失禁について.平成17年度リハビリテーション従事者支援研修会,8月,沖縄,2005年.
  • 菅谷公男:特別講演:夜間頻尿の原因と治療.筑後泌尿器科医会第49回研修会,7月,久留米,2005年.
  • 菅谷公男:特別講演:夜間頻尿の原因と対策.第1回Hokkaido Urology Forum,7月,札幌,2005年.
  • 菅谷公男:特別講演:夜間頻尿を考える 夜間頻尿の原因と対策.排尿障害学術講演会,6月,大分,2005年.
  • 菅谷公男:特別講演:尿失禁に関連した解剖生理.第1回沖縄尿失禁勉強会,6月,西原,2005年.
  • 菅谷公男:教育セミナー:夜間頻尿の病態と治療戦略 夜間頻尿の病態.第93回日本泌尿器科学会総会総会,4月,東京,2005年.
  • 菅谷公男,西島さおり,宮里 実,小川由英:シンポジウム:BPHにおけるOAB症候群について 閉塞による排尿筋過活動(脊髄レベル).第93回日本泌尿器科学会総会,4月,東京,2005年.
  2005年度の 論文・総説・その他出版物、 特別講演、 学会発表、 ページトップ へジャンプ


学会発表

  • Nishijima S, Sugaya K, Miyazato M, Ashimine S , Morozumi M, Ogawa Y: Effects of intravenous or intrathecal noradrenaline and/or naftopidil on bladder activity and amino acid neuronal activities in the lumbosacral cord in rats. 35th Annual Meeting of the International Continence Society, Aug, Montreal, 2005.
  • Miyazato M, Sugaya K, Nishijima S, Uchida A, Morozumi M, Ogawa Y: Changes of connexin43-derived gap junctions in the bladder and glycine in the lumbosacral cord after partial bladder outlet obstruction in rats. 100th Annual Meeting of American Urological Association. May, San Antonio, 2005.
  2005年度の 論文・総説・その他出版物、 特別講演、 学会発表、 ページトップ へジャンプ