株式会社サザンナイトラボラトリー 2002年研究業績

2002年の研究業績

  2002年度の 論文・総説・その他出版物、 特別講演、 学会発表 へジャンプ

論文、総説、その他出版物

  • Sugaya K, Nishijima S, Yamada T, Miyazato M, Hatano T, Ogawa Y.: Molecular analysis of adrenergic receptor genes and interleukin-4/interleukin-4 receptor genes in patients with interstitial cystitis. J Urol. 168:2668-2671, 2002.
  • Sugaya K, Nishijima S, Miyazato M, Ashitomi K, Hatano T, Ogawa Y.: Effects of intrathecal injection of tamsulosin and naftopidil, alpha-1A and -1D adrenergic receptor antagonists, on bladder activity in rats. Neurosci Lett. 328:74-76, 2002.
  • Sugaya K, Nishijima S, Hatano T, Ogawa Y, Kudo T, Nishizawa O.: Biochemical and morphological effects of bladder pumping on the urinary bladder in rats. Neurourol Urodyn. 21:511-515, 2002.
  • Sugaya K, de Groat WC.: Inhibitory control of the urinary bladder in the neonatal rat in vitro spinal cord-bladder preparation. Brain Res Dev Brain Res. 138:87-95, 2002.
  • Sugaya K, Nishijima S, Oda M, Owan T, Ashitomi K, Miyazato M, Morozumi M, Hatano T, Ogawa Y.: Ultrasonographic changes of the female bladder neck during development. Int J Urol. 9:668-671, 2002.
  • Nishijima S, Sugaya K, Naito A, Morozumi M, Hatano T, Ogawa Y.: Association of vitamin D receptor gene polymorphism with urolithiasis. J Urol. 167:2188-2191, 2002.
  • Nishijima S, Sugaya K, Morozumi M, Hatano T, Ogawa Y.: Capillary electrophoresis assay of alanine:glyoxylate aminotransferase activity in rat liver. J Chromatogr B Analyt Technol Biomed Life Sci. 780:13-19, 2002.
  • Hatano T, Sugaya K, Morozumi M, Naito A, Hokama S, Ogawa Y.: Partial nephrectomy using a vascular sealing system. J Urol. 167:232-233, 2002.
  • Hossain RZ, Morozumi M, Hokama S, Sugaya K, Hatano T, Ogawa Y.: Oxalate Absorption after oral administration to rats. Int Med J. 9:51-56, 2002.
  • 菅谷公男,小田正美,大湾知子,西島さおり:高齢者夜間頻尿に対する運動療法の効果.デサントスポーツ科学,23:27-34,2002.
  • 菅谷公男,小田正美,大湾知子,西島さおり,島袋修一,安次嶺聡,砂邊 毅,島袋浩一,呉屋真人,嘉川春生,米納浩幸,城間和郎,宮里朝矩,小山雄三,秦野 直,小川由英:前立腺全摘除術後の尿失禁継続期間に関連する諸因子の検討.日泌尿会誌,93:444-449,2002.
  • 菅谷公男,西島さおり:ラット排尿反射に対するナフトピジルの脊髄髄腔内投与の効果.日パラ医誌,15:192-193,2002.
  • 西島さおり,菅谷公男:脊髄正常ラットと脊損ラットの脳脊髄内アドレナリンα1d受容体の存在.日パラ医誌,15:194-195,2002.
  • 嘉手川豪心,菅谷公男,池原 在,中山朝行,我喜屋宗久,名城文雄,呉屋真人,秦野 直,小川由英:前立腺肥大症に対する塩酸テラゾシンの排尿障害,血圧と血清脂質に及ぼす影響.泌尿器外科,15:111-118,2002.
  • 諸角誠人,菅谷公男,秦野 直,小川由英:再燃前立腺癌治療における現状と問題点−Estramustine phosphate(EMP)およびVinblastine(VBL)併用療法の経験‐.西日泌尿,64:213-216,2002.
  • 小笠原賢,下田直威,佐藤一成,加藤哲郎,菅谷公男:ラット排尿反射に及ぼす脳内ムスカリン受容体サブタイプの役割.日泌尿会誌,93:427-434,2002.
  • 大湾知子,高良武博,上間紀子,翁長幸代,栄野川喜美子,宮崎莉那,幸喜美代子,備瀬敏子,砂邊 毅,前田浩之,島袋修一,宮里 実,諸角誠人,菅谷公男,秦野 直,小川由英:2002,術後膀胱留置カテーテルの身体固定装具使用の実態調査.琉球医学会誌,21:179-186,2002.
  • 菅谷公男:治療法紹介 薬物療法 夜間頻尿 夜間頻尿に対する塩酸フラボキサート(ブラダロン)の投与法とその効果.排尿障害プラクティス.10:73-76,2002.
  • 菅谷公男:排尿機構 排尿機構総論.脳21,5:229-234,2002.
  • 菅谷公男:泌尿器科疾患と他科コンサルテーション−内科的疾患と下部尿路症状 下部尿路に起因しない高齢者のLUTS 循環器科,内分泌科の方面から−.排尿障害プラクティス,10:196-200,2002.
  • 宮里 実,菅谷公男:高齢者の蓄尿のメカニズム.老年医学,40:883-887,2002.
  • 宮里 実,菅谷公男:高齢者尿失禁の基礎と臨床,高齢者の蓄尿のメカニズム.Geriatric Medicine,40:883-887,2002.
  • 宮里 実,菅谷公男:頻尿・尿失禁の薬物療法 適切な排尿管理を目指して−高齢者の頻尿・尿失禁の特徴.薬局,53:2189-2195,2002.
  • 西島さおり,菅谷公男,小川由英,向山秀樹,島田勝政:腎細胞癌のHLA class II拘束性腫瘍特異抗原に対する免疫応答とその認識機序を検討した1例.日泌尿会誌,93:457-462,2002.
  • 菅谷公男:中枢神経障害ラットの排尿障害からの回復に寄与する中枢神経細胞の分子生物学的研究.平成11年度-13年度 科学研究費補助金(11671564:基盤研究(C)(2))研究成果報告書,1-147,2002.
  • 菅谷公男:高齢者夜間頻尿に対する運動療法の効果.わかりやすいデサントスポーツ科学,6:5-6,2002.
  • 菅谷公男:高齢者夜間頻尿の原因と対策.第51回日本泌尿器科学会中部総会ランチョンセミナーハイライト,1-4,2002.
  • 菅谷公男:高齢者夜間頻尿の原因と治療,ジャパンメディアートパブリッシング 編,シリーズ 排尿障害への対応を考える.日本新薬株式会社,京都,3:1-7,2002.
  2002年度の 論文・総説・その他出版物、 特別講演、 学会発表、 ページトップ へジャンプ


特別講演

  • 菅谷公男:招請講演:ナフトピジルのラット脊髄における排尿抑制作用の検討.フリバス錠発売3周年記念講演会,11月,東京,2002年.
  • 菅谷公男:ランチョンセミナー:間質性膀胱炎に対する新たな取り組み 間質性膀胱炎の原因に関する検討.第9回日本排尿機能学会,10月,熊本,2002年.
  2002年度の 論文・総説・その他出版物、 特別講演、 学会発表、 ページトップ へジャンプ


学会発表

  • Nishijima S, Sugaya K, Miyazat M, Ashitomi K, Hatano T, Ogawa Y: Activation of the nucleus reticularis pontis oralis inhibits micturition and changes glutamate and glycine levels in the central nervous system of rats. Shinshu Forum 2002, Oct, Matsumoto, 2002.
  • Miyazato M, Sugaya K, Nishijima S, Ashitomi K, Hatano T, Ogawa Y: Rectal distension inhibits bladder activity via glycine interneurons in rats with or without spinal cord injury. Shinshu Forum 2002, Oct, Matsumoto, 2002.
  2002年度の 論文・総説・その他出版物、 特別講演、 学会発表、 ページトップ へジャンプ