株式会社サザンナイトラボラトリー 2001年研究業績

2001年の研究業績

  2001年度の 論文・総説・その他出版物、 特別講演、 学会発表 へジャンプ

論文、総説、その他出版物

  • Sugaya K, Ogawa Y, Hatano T, Nishijima S, Nishizawa O.: Micturition in thoracic spinal cord injured cats with autografting of the adrenal medulla to the sacral spinal cord. J Urol. 166:2525-2529, 2001.
  • Nishijima S, Miyazato T, Sugaya K, Koyama Y, Hatano T, Ogawa Y.: Glyoxylate determination in rat urine by capillary electrophoresis. Int J Urol. 8:S63-67, 2001.
  • Akiyama K, Noto H, Nishizawa O, Sugaya K, Yamagishi R, Kitazawa M, Tsuchida S.: Effect of KMD-3213, an α1A-adrenoceptor antagonist, on the prostatic urethral pressure and blood pressure in male decerebrate dogs. Int J Urol, 8:177-183, 2001.
  • Miyazato M, Yonou H, Sugaya K, Koyama Y, Hatano T, Ogawa Y: Transitional cell carcinoma of the renal pelvis forming tumor thrombus in the vena cava. Int J Urol, 8: 575-577, 2001.
  • 宮里 実,山川健一,嘉川春生,宮里朝矩,内藤絢子,菅谷公男,小山雄三,秦野 直,小川由英:琉球大学で施行された尿道下裂手術の臨床的検討.西日泌尿,63:510-512,2001.
  • 小田正美,秦野 直,嘉川春生,川合志奈,宮里朝矩,呉屋真人,木村太一,内藤絢子,小山雄三,菅谷公男,小川由英:透析中、非透析中におけるモニタリングの必要性と重要性.日本血液浄化技術研究会会誌,9:14-16,2001.
  • 菅谷公男,西島さおり:尿失禁・頻尿の臨床の現状と今後の展望 夜間頻尿.Current Therapy,19:1367-1371,2001.
  • 宮里 実,小山雄三,宮里朝矩,米納浩幸,内藤絢子,菅谷公男,秦野 直,小川由英: Goodpasture症候群に施行した献腎移植の1例.泌尿紀要,47:493-495,2001.
  • 小山雄三,宮里朝矩,嘉手川豪心,津覇美幸,川合志奈,島袋浩一,城間和郎,呉屋真人,内藤絢子,菅谷公男,秦野 直,小川由英:高齢者ドナー(70歳以上)からの生体腎移植の2例.臨牀と研究,78:557,2001.
  • 菅谷公男:排尿のメカニズムと尿失禁.Video Journal of JUA 別冊増刊,神経因性膀胱シリーズ 第1号.日本泌尿器科学会 企画監修,2001.
  • 菅谷公男,小田正美:女性の尿道症候群と腹圧性尿失禁の発症原因の類似性と相違点に関する研究.財団法人赤枝医学研究財団助成研究報告集,8:14-21,2001.
  2001年度の 論文・総説・その他出版物、 特別講演、 学会発表、 ページトップ へジャンプ


特別講演

  • 菅谷公男:ランチョンセミナー:排尿障害治療の進歩 夜間頻尿の原因と治療.第53回日本泌尿器科学会西日本総会,11月,熊本,2001年.
  • 菅谷公男:ランチョンセミナー:高齢者夜間頻尿の原因と対策.第51回日本泌尿器科学会中部総会,11月,大阪,2001年.
  • 菅谷公男:特別講演:泌尿器科領域の超音波検査について.平成13年沖縄生理検査研修会,9月,浦添,2001年.
  • 菅谷公男:特別講演:高齢者夜間頻尿の原因と治療.第64回日本泌尿器科学会沖縄地方会,5月,沖縄,2001年.
  • 菅谷公男:特別講演:高齢者夜間頻尿の原因と対策.第5回信州排尿障害研究会,3月,松本,2001年.
  2001年度の 論文・総説・その他出版物、 特別講演、 学会発表、 ページトップ へジャンプ


学会発表

  • Sugaya K, Nishijima S, Oda M, Morazumi M, Hatano T, Ogawa Y.: Biochemical analysis of nocturia in the elderly. 31st Annual Meeting of the International Continence Society, Oct, Seoul, 2001.
  • Nishijima S, Sugaya K, Morozumi M, Hatano T, Ogawa Y: Changes of amino acid levels in the central nervous system and serum after spinal cord injury. 31st Annual Meeting of the International Continence Society, Oct, Seoul, 2001.
  2001年度の 論文・総説・その他出版物、 特別講演、 学会発表、 ページトップ へジャンプ